picture
picture
応用化学科では有機化学、無機化学、化学工学、環境工学、生物工学など最先端の科学分野において独自の視点で研究を行っており、地域社会や世界に向けて常に優れた研究成果を発信しております。
picture
※各研究室のおおよその研究分野を示す円グラフを付記しました。色分けの内容は上図に対応しています。
界面化学研究室 (飯村 兼一 教授)
picturepicture界面化学研究室では、気-液や固-液界面に界面活性剤や脂質などの両親媒性分子によって形成される分子膜に関する研究を進めています。特に、界面における両親媒性分子の自己組織化現象に着目し、組織体の分子レベルでの構造解析や形成メカニズムの解明と制御、それらを踏まえた分子膜の機能化に関する研究に取り組んでいます。
計測化学研究室 (上原 伸夫 教授)
picturepicture計測化学研究室では、「これまで測れなかったものを測る」をテーマに高感度、高性能分析法の開発を行っています。対象物質は有害重金属イオンをはじめ美白効果のあるシステインやグルタチオンといった生体内で活躍するものまで様々です。「見えなかったものが見えるようにする!」この醍醐味に向かって研究に取り組んでいます。
触媒化学研究室 (江川 千佳司 教授/岩井 秀和 助教)
picturepicture「触媒」は化学反応速度を速くするだけでなく、化学的に必要なものだけを作りたい時や、特定の物質だけを排除したい時に活躍する「賢者の石」です。現代のほとんどの化学製品の製造には触媒が使われており、排ガス・排水の浄化にも必須のアイテムです。そのような新たな触媒の開発と反応の仕組みについて研究を行っています。
触媒プロセス工学研究室 (古澤 毅 准教授)
picturepictureエネルギー・環境に係る化学反応へ適用可能な触媒の開発、特異的な反応場を利用した新規プロセスの構築を行っています。例えば、木質系バイオマスのガス化と副生物の逐次精製プロセスの開発、水素エネルギーキャリアからの水素製造、触媒/光熱変換物質内包カプセルを用いたバイオディーゼル燃料の合成、光触媒内包カプセルを用いた有害物質の分解、シェールガスの利活用などです。
生物工学研究室 (諸星 知広 准教授)
picturepicture生物工学研究室では、主に細菌を対象とした細胞間コミュニケーションの研究を行っています。最も単純な生物である細菌は、化学物質の「言葉」を用いた会話によって様々な生体機能をコントロールしています。私たちはバクテリアの会話をシャットアウトすることで、感染症に対抗する新しい手法を研究しています。
ソフトマテリアル研究室 (加藤 紀弘 教授/奈須野 恵理 助教)
picturepictureソフトマテリアル研究室では、しなやかで水を保持するヒドロゲル、脂質分子が形成するミセル、界面活性剤の分子膜など、未来を見据えた新しい研究を進めています。高分子化学、生化学、微生物工学などを軸に、薬物輸送ゲル、感染症予防材料、細胞足場材料など、バイオテクノロジーや医療の発展に寄与する構造制御材料を設計しています。
超分子化学研究室 (大庭 亨 教授/伊藤 智志 助教/為末 真吾 助教)
picturepicture超分子化学研究室では、有機化合物の未来を開拓する研究を進めています。すぐれた有機分子を集合させて有機半導体を作ったり、生物由来の有機分子から医薬品を作ったり、植物や細菌の機能を分子レベルで調べています。
粉体・界面工学研究室 (鈴木 昇 教授/佐藤 正秀 准教授)
picturepicture粉体および固体材料の表面・界面が関与する現象とその応用を中心とした研究を行っています。例えば、ナノ粒子の調製,粉体材料および固体材料の表面改質による高機能化、バイオマスを高効率でガス化する触媒の開発、マイクロカプセル技術を利用した人工光合成や光触媒技術、表面・界面の分析技術とその応用などです。
膜反応工学研究室 (佐藤 剛史 准教授)
picturepicture超臨界流体、メンブレンリアクター、高性能分離膜を用いた反応・分離操作を駆使し、高効率物質製造を行う次世代プロセスを目指した研究を進めています。水素透過膜電極を用いたケミカルハイドライドの製造、天然物の超臨界流体抽出、高温高圧水によるバイオマス改質、触媒膜を利用したメンブレンリアクターの開発などを行っています。
水処理化学研究室 (酒井 保蔵 准教授/荷方 稔之 助教)
picturepicture水処理化学研究室では、複合培養系や純粋分離した微生物株を用いた水質の浄化、生物や環境にやさしい物理的・化学的手段を用いた水の制御、磁気分離を活用した新しい水処理プロセスなどの研究に取り組んでおり、総合的に健全で快適な水環境づくりを目指した研究を行っています。
無機工業化学研究室 (吉原 佐知雄 准教授)
picturepicture無機工業化学研究室では、活性炭の新規利用法に関する研究、機能性薄膜(光触媒・ボロンドープダイヤモンド)の創製とその応用に関する研究、新機能性めっきに関する研究、次世代型プリント配線板材料の開発とその評価に関する研究など、電気化学・錯体化学をベースに価値のある次世代技術を目指して研究を行っています。
無機材質化学研究室 (単 躍進 教授/手塚 慶太郎 准教授)
picturepicture無機材質化学研究室では、リン酸塩やヒ酸塩などの新しく複雑な構造を持つ新規化合物の合成を行っており、新規化合物についての物性評価及び構造解析も行っています。主に最外殻電子配置がd10になるような陽イオンにより構成される酸化物を用いて機能性薄膜の作製を行っています。
有機高分子研究室 (刈込 道徳 准教授)
picturepicture 有機高分子研究室では、特殊な「形」の有機分子を設計し、その形に基づく「性質」を利用して、未来の材料を作っています。有機分子の「形」を自在にコントロールすることができる、新しい合成法を開発し、医薬中間体等の合成に有用な、効率的で実用的な合成プロセスを提案します。
picture
picturepicture有機光デバイス研究室では、光通信に必要な光素子や光配線、光材料の研究を行っています。光通信として光ファイバーが身近なものとなっていますが、当研究室は、基板上に光の道を設け、光信号を導くように加工された光回路を目指しています。電気回路中を電子が流れるように、光を回路中に流すものです。
picturepicture光材料化学研究室では、成長次元を制御する独自の酸化物合成手法を用い、機能性材料の創成研究に取り組んでいます。特に「低次元成長酸化チタン」は可視光透過性やえい糸性といった特異な性質を示し、他の物質と高度に複合化可能です。これらの特性を生かした光機能性材料および電子デバイス材料の開発に応用・展開しています。
picture